Otacoism

日々の出来事、へたくそな料理のこと、思ったことをつらつらと・・・
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- | - | -

3度目の正直??



石けんを作ろうと、せっせと揚げ物した後の油を貯めていた。
あったかくなってきたし、1500ccの油の容器2本になったから、そろそろ大量に石けんを作れるぞ!
と、100円ショップでバケツやらゴム手やらマスクやらいろいろ道具を買いそろえ、EMショップで菜園EMパウダーも買い、ドラッグストアで苛性ソーダも買ってきた。

よし! 作ろう!!

momon師匠の石けん作りレポートも確認し、いろんな手作り石けんのサイトも見た。

自分ではうまくできるイメージが頭の中にあったのに・・・・・

失敗してしまつた・・・トホホ・・・。

EMショップでもらった石けん作りのレシピなどには、
廃油・・・3.3ℓ
苛性ソーダ・・・500g
米のとぎ汁発酵液・・・1ℓ
菜園EMパウダー・・・100g
とある。
(あとで、momon師匠に聞いたら、これが黄金率なのだそうだ)

エコピュアという小冊子があるのだけど、これには「少量を作る場合」のレシピも載ってあった。これだと
廃油・・・300ml
苛性ソーダ・・・45g
米のとぎ汁発酵液・・・100ml
菜園EMパウダー・・・10g
とあった。

私は、3ℓの廃油なので、単純に「少量を作る場合」のレシピを10倍して作ることにした。というのも、買ってきた苛性ソーダが一瓶450gだったから。

いきなり一人で3ℓを作ったのは「無謀だった」と失敗して気づく←おせーよ。
結局、苛性ソーダがうまく溶け切れていなかった。攪拌の仕方に問題があったのだ。
苛性ソーダをバケツに入れて、とぎ汁発酵液を入れると有毒ガスが発生して反応する。
モクモク煙が上がる。このとき、一気に入れてしまったので、苛性ソーダがよく溶けているのかどうか判断がつかなかった。溶けてない気もするし、溶けている気もする・・・。
なんだか、そんな感じで、油を投入してしまった。
しかし、1時間半以上かき混ぜても、マヨネーズ状どころか、とろみもつかない。
あきらめて、ハシさんがいつも飲んでる焼酎のパックに流し入れた。
しばらくして見ると、分離していた・・・(上に油の層ができていた)

ガーーーーン、やっぱり失敗やった。
失敗するのは別にいいんだけど、私はせっせと貯めた廃油が「水の泡」ならぬ「油の泡」と化してしまったのがもったいなかった。これが成功していればいくつの石けんができたのだろう? 何ヶ月分の石けんになっていたのだろう・・・。
(どーせ、捨てるものなのに、セコイやっちゃ)
これが、4月8日のこと。

私ってば、前にも書いたけど、初めてのことに挑戦すると、必ず失敗する。
多分、失敗率80%以上はあると思う。

ハイ、「失敗は成功の元」タイプなんです。

なんか、ショックが収まらなくて、急いでmomon師匠にメールした。
そして、EMインストラクタでもあるいっこんま先生にもメールした。

すると、いっこんま先生からのメールには、「米のとぎ汁発酵液は900mlだ」というアドバイスをいただいた。そして、「一人で3ℓは無理です」というお言葉もいただいた。
やっぱ、そうですよねぇ〜。
momon師匠からの返事はまだなかったので、翌日またリベンジしてみた。
すでに苛性ソーダ450gを一気に使い果たしていたので、朝一番にドラッグストアに行き購入。

で、今度は少量で作ろうと思い、「少量で作る場合」のレシピを忠実に守って、作ってみた。で、このときバケツの中で攪拌したのだけど、やはり混ぜても混ぜても上に少し苛性ソーダが浮いてきてた。だけど、大体混ざってるかも・・・などとテキトーに考えて、油を投入して、かき混ぜた。
混ぜて、混ぜて、混ぜて・・・・かれこれ、1時間以上は混ぜた。
でも、マヨネーズ状にはならなかった。だけど、前日作ったときとは違うとろみが少しあった。これって、少し進歩じゃない?
お豆腐の型に流し込んで様子を見ることにした。
これが、4月9日のこと。

翌日見たら、少し固まっていた。分離もしていない。
だけど、やはり苛性ソーダの粒が見えていて、荒い感じだ。

台所にある油ポットを見たら、少し油がまだ残っていた。
計ってみたら、300mlあったから、3度目の正直で作ってみることにした。
再リベンジだ。
前日、いろんな石けん作りのサイトを覗いて、どんな道具がいいか調べた。
ボウルと泡だて器を使って作っているサイトがあった。ボウルと泡だて器なら我が家にもある。
台所から、今はほとんど使うことのない古いボウルと泡だて器を取り出して、チャレンジ。

ボウルに苛性ソーダを入れ、とぎ汁発酵液を少し投入し、攪拌。
そして、少しずつ残りの発酵液を投入して攪拌。
苛性ソーダが溶けるのに、1分から3分はかき混ぜたほうがいいという情報も見つけていたので、時計をそばにおいて3分以上攪拌。
すると、苛性ソーダはきれいに溶けていた。
そして、右手で泡だて器をすばやく動かしながら、少しずつ油を投入する。
スピードをゆるめずに混ぜる。混ぜる。混ぜる。
30分以上休み無く混ぜた。すると、すこーしとろみがついてきた。
それからは、少し休んでは混ぜるを繰り返し、1時間くらい混ぜたけど、やっぱりマヨネーズのような硬さにはならなかった。ちょうど湯煎で溶かしたチョコレートみたいな感じだった。

結局2時間くらい混ぜたけど、状況は変わらなかった。

これ以上混ぜても多分変わらないと判断して、お豆腐の容器に流し込んだ。
これが4月10日のこと。

翌日見たら、なんの粒もなく、キメ細やかな状態だった。
少しだけ固まっていて容器を斜めに倒すと少しまだ動く。
だけど、このまま待てば必ず固まるはずだ。
だって、その前日作った荒い石けんはもうガチガチになっていたんだもの。
3回目のは成功した予感・・・。

昨日の段階では、まだ少しぶよぶよ風だったけど、今日見たらすでにガチガチになっていた。

そこで、二つとも切り分けてみた。豆腐の容器なので取り出すのが難しいから、ひっくり返して、底から容器ごと切った。
やっぱ、2回目のはキメが荒いし、苛性ソーダの粒が残っている。
これは、1ヶ月以上放置して、刻んで熱湯で溶かし、液体石けんで使おうと思う。



3回目のは、ばっちりだ。momon師匠にいただいた石けんのようだ。ちゃんと苛性ソーダもきれいに溶けている。



3度目の正直だった。
後は、1ヶ月以上待ってからのお楽しみ。

自分なりに分析してみた。
失敗したのは、苛性ソーダの攪拌の仕方が大きな原因。
あと、廃油3ℓのときは、米のとぎ汁発酵液を1ℓではなく900mlにすればよかったのかも。(ただし、苛性ソーダの攪拌がうまくいかなければ、意味がない)
マヨネーズ状にならないのは、廃油とはいえ比較的新しい油だから。一度使った油を捨ててるからまだ新しい油の部類になる。
我が家はキャノーラ油を使っているが、キャノーラ油は固まりにくいという情報もどこかのサイトで見たから、それもあるかも。
だけど、攪拌したときに、湯煎で溶かしたチョコレートみたいなとろみがつけば、2,3日で必ず固まるから、大丈夫。

〜Otaco石けん作りの教訓〜
★一度に大量は作らないほうがいい。大量に作るのは慣れてから。
★攪拌が命。苛性ソーダはきれいに溶かす。
★道具はボウルと泡だて器がベスト。

少しずつ廃油の量を増やして、1リットルくらいをマメに作ろうと思う。
あぁ、あこがれの自分で作った石けん生活。
あと、1ヶ月以上待たなくちゃダメなのねぇ〜〜。楽しみだにゃぁ〜。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(2) | trackbacks(0)

今日も春らんまんで・・・

昨日に引き続き、今日も春らんまんで、ポカポカ陽気。

なもんで、EMちゃんひなたぼっこで、熟成中ラブラブラブ



直射日光はダメなので・・・



袋でカバーをして、簡易温室風。

すくすく育ってね。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(2) | trackbacks(0)

きれいにびっくり!

昨日、momonさんから送られてきたわらしべ舎の「涼蘭」という洗剤を使ってみた。
(「涼蘭」は、EMセラミックパウダー配合の粉せっけんです)

ハシさんの肌着は、着ていると黒ずんでくる。
首の周りとか・・・。
洗ってもなかなかきれいにならない。
あんまりひどいときはEM発酵液を入れた水に液体の洗濯石鹸を溶かして漬け置きするんだけど、ある程度まできれいになっても、完全にきれいにならなかった。
せっけんで洗う難点に「黄ばみ」がある。
そもそも、合成洗剤には蛍光増白剤というのが使われているし、漂白剤が入っていたりもする。つまり、合成洗剤で洗ったものが白いのは白く見せているだけなのだ。
白くなって当然なのだ。
せっけん愛用者のお母さんたちの間では、学校で子供が体操服を着ていると、「うちの子の体操服だけ黄ばんでるぅ〜」とちょっとそれが悩みのタネの人もいるらしい。

で、このひどいハシさんの肌着。
首の周りとか黒ずんでどうにもならないから、「ちょこっと拭き拭き布」として切り刻もうかと思っていたくらいだ。

きたねぇ〜

EM発酵液を入れた水に「涼蘭」を入れ、よーくかき混ぜて洗剤を溶かし、このきたねー肌着を一晩漬け置きしておいて、今朝、他の洗濯物と一緒に「涼蘭」で洗ってみた。

♪チャラリラ、チャラリラ、チャラリラ

なんということでしょうぅぅぅ〜〜

きれい!!

真っ白だぁぁ〜〜。
漂白しましたか??? って感じ。
(きれいになったのわかりますか? 同じものです。 タグのところに紺色の糸で印をしています)

あぁ、切り刻まんでよかった。まだまだ十分着れる・・・・。

いや、恐るべし。
EMの力ってすごいんだぁ〜。
すごい洗浄力。

いやはや、momonさん、よいものを教えていただきありがとうございました。

それと、今日、お風呂の掃除をするときに、洗面器と風呂のイスを廃油石けんをつけて磨いてみたら、らくらくできれいになった。

EMパワーを実感した昨日と今日だった。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(15) | trackbacks(0)

石けんでウールを洗う(手洗い編)

実は、ウールを洗うのに、石けんを使うのが怖くて、ウール洗い用の合成洗剤を使っていた。
だけど、やっぱり、合成洗剤を使うというのは、どうも嫌な気分だったから、石けんでウールも洗うことに決めた。

ネットで調べてみたら、十分石けんでウールも洗えることがわかったし、仕上がりもふっくら仕上がるということがわかった。
私は、グリーンコープの液体せっけんをいつも使っているのだけど、これは洗える素材にウールが入っていない。だから、石けん分99%の「無添剤せっけん」を買ってみた。
そしたら、洗える素材に「毛」があったので、安心した。



実験的に洗ってみることにしたので、縮んでも納得できるものにしてみた。



このカーディガンはもう10数年前に買ったもので、穴もあいてて首のところはほころんでいる。ドケチな私は、家の中でだけこのボロボロカーディガンを着ていた。



ウール100%だったから、実験にはもってこいのカーディガンだ。

で、ネット上には「水で洗う」というものと、「お湯で洗う」というのがあったから、迷ったのだけど、温度を一定にしたほうがいいというのがどのページにも共通だったから、水で洗うことにした。

大きい洗い桶に水を入れ、EMを入れ、重曹を入れ、石けんを入れ、よくかき混ぜた。
なぜ、重曹を入れたかは、こちらのページを参照ください。→赤星たみこの徒然日記

泡がよーくたったところにたたんだカーディガンを入れて、しばらく押し洗いをした。
縮まないかとっても心配だった。
すすぎを何度かして、最後のすすぎの時に「お酢」を少し入れた。

そして、最後に、洗濯機の「毛」コースの脱水で脱水をした。

恐る恐る広げてみたら、全然縮んでなかった。
成功だった。(成功するもんなんだろうけど・・・)



陰干しするのがいいらしいんだけど、今日一日で乾いて欲しいから、普通に干した。
お酢の匂いもしないし、ふっくらした感じに洗えていた。
石けんでちゃんと洗えることを実感。
これからは、石けんでセーターも洗おうと思う。
これで、完璧に我が家から合成洗剤は排除だ!!!

次は、もう一つのボロボロセーターを洗濯機で洗ってみよう。
洗濯機で洗えたらとっても楽チンだ。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(0) | trackbacks(0)

ちょこっと拭き拭き布

以前、レンジ周りとかちょこっと拭くための布に、ハシさんのヨレヨレ肌着を切って使ってるという記事を書いた。

今回は第2弾になるわけだが・・・
ついに・・・
今回は・・・
禁断の・・・

パンツを分解して、使うことに決めた。
おまけに、靴下も。







すげーだろ。ここまでのドケチぶり。
たまごさん曰く、売ってるウェスにも入ってるくらいだから、うちで使う分にはオッケーだと思う。

この前、ハシさんにパンツとか靴下で、もう使えなくなってるものをタンスの中から選んでもらった。そしたら、結構大量にあったので、もったいなくて切り刻んだ。

さっそく台所に置いた。
レンジ周りの掃除や、皿についた汚れをふき取って洗ったりするのに使える。
まだまだストックはある。
どうせ捨てるものだから、もう一働きしてもらうよ。

今年は、さらにドケチ道を極めたいと思うのだった・・・・。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(2) | trackbacks(0)

肌着リサイクル

どけち道を極めるためには、常に「もったいない」の精神が必要っていうか、いい意味でのセコさが必要な気がする。

ハシさんのヨレヨレになってもう捨てようと思ってる肌着(Tシャツタイプ)やら、私が着古したヨレヨレのテロテロTシャツなんかはどうしても捨てきれない。

もう、一働きしてもらおう!

というわけで、ハサミで袖、胴体に切断。
胴体をまた分解。
少し小さめのハギレにする。
胴体を脇の部分で切断した大きめの布にする。



でもって、小さいのはハシさんの靴磨き用に使ったり、レンジ周りの掃除に使ったり、窓の桟を拭いたりするのに使う。
大きいのは窓拭きやら、洗車に使う。
これは、ディーラーの人から聞いた話なんだけど、Tシャツのような布で洗車するのが傷つかなく一番いいらしい。
綿の肌着って、もってこいだ。
多分、「松居棒」を作りたかったら、これを使えばタオルよりもいいんじゃないかと私は思ってる。

何かに使えるんじゃねーかと、肌着でさえ捨てずにストックする私は、やはり基本的にセコい人間なんだと思う。
けど、もう一働きしてもらえば、肌着ちゃんもTシャツちゃんも本望なんじゃないかと、勝手に自分のセコさを正当化してみたりするのだった・・・。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(7) | trackbacks(0)

もったいない・・・

うちの掃除機はもう8年目に突入した。
前にも書いたけど、うちの家電たちは物持ちがよくて、今まで買い替えをしたことがない。
ハシさんと私の独身時代から使っているものでさえご健在だ。

掃除機は毎日使うもので、8年間毎日毎日働いた。

昨日も掃除をしていた。
先のノズルの方向を変えようとしたら・・・「ベキっ!」と音がして、ノズルがはずれてしまった。
はずれただけかと思って、カパッとはめてみたんだけど、なにやら止め具みたいなものがないと固定できないみたいで、はめても無駄だった。



一瞬、「ゲーーー、掃除機買い替えかよぉ〜」と思った。
フローリングの部分は、ホウキで掃けばゴミを吸い取るだけなので、ノズル無しでも掃除できるんだけど、ラグの上なんかは、ノズルが無いと困る。
「ゴミはどうやって出すんだろ? 燃えないゴミでいいんだっけ?」
というところまで考えたんだけど、ネットで調べてみたら、先のノズルだけって売ってあるのね。
モーターは、バリバリご健在なので、ノズルが壊れたくらいで買いなおす気にはならなかった。

もったいない!!

というわけで、電気屋に行って買ってきた。
だけど、ノズルにもいろいろ種類があって、値段が7000円近くするものもあった。
そりゃ、10万する掃除機なら、7000円のノズルもお似合いだろうが、うちの掃除機は安物で、しかもかなりのロートルで、いつご臨終してもおかしくないし、私が欲しいのは残念ながら無かったから、テキトーに安いのを買ってきた。
それでも3500円もした。(イテェ〜出費)


(↑色違うし、すげーカッコわりぃけど、掃除できればいいんだ。
そんなの関係ねぇ〜! そんなの関係ねぇ〜!) 

これで、当分掃除するのに困らない。

「おらぁ〜! 動かないと買いなおすぞ!」とロートルの掃除機を脅しながら使い続けるんだろうな・・・・。
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(7) | trackbacks(0)

EMデビュー

私もブログ仲間のmomonさんのお導きにより、EMを使用することにした。

EMってなに? という方は、こちらのページ参照くだされ。 → こちら

EMを使うために、「米のとぎ汁発酵液」というのを作る。
原液でもいいらしいのだか、こうやって培養したほうがリーズナブルだ。



1週間ほど前に、思い立って、上記リンクの「EM研究所」のホームページから販売店を探して、チャリを30分こいで買いに行った。
そして、家に帰り、米をとぎ、発酵液を作ってみた。

何せ、どんなものかもわからないので、どうなったら出来上がりなのかもわからない。
いろいろmomonさんにもメールで教えてもらいながら、1週間が経った。
私としては、おとといくらいに「ひょっとしたら、もう出来てるんじゃないのかな?」と思っていたので、昨日の夜、お風呂に入れてみたり、ハシさんのワイシャツを漬け置きしてるタライに少しいれてみた。
100倍の希釈液を作るには、「汲み置きの水がいい」ってことだったので、ペットボトルに水を入れて蓋を閉めずに一日置いて、今朝作ってみた。

お風呂に入れたら、momonさんの言うとおり、お湯が柔らかくなってる気がした。
そして、何よりもびっくらこいたのが、洗濯ものだ。
いつも、ハシさんのワイシャツを洗うのに、汚れの首輪がすごいから、重曹と石鹸で襟元や汚れているところを歯ブラシで少しこすって、一晩漬け置きしてから洗う。
それでも完全に落ちなかったりする。
今日洗い上がりをみてびっくり。 なんか白さが違う。汚れの首輪もめちゃきれい。
これにはびっくらこいた。
そして、せっけんで洗濯をすると、乾いたらゴワゴワするんだけど、タオルとかTシャツが柔らかい。柔軟材を入れたみたいだ。
○フランとかいらない。(元々使ってないが・・・)

これ、やっぱ、発酵液成功だったのかなぁ〜と思いつつ、今日は販売店の近くまで用事があったので、ストックの一本を買いに行ったときに、成功したときの匂いを聞いてみた。
そしたら、お店に置いてある発酵液を嗅がせてくれた。

「うちの発酵液と同じ匂いだぁ〜〜」

安心してうちに帰り、また家中にシュッシュとEM菌を撒き散らしたのであった。



お店の人が言ってたけど、これから汗の匂いが気になってくるけど、EMを入れて洗濯したらそれがなくなるらしい。
ってことは、ハシさんのくさーい足の臭いも緩和されるのか???
(ハシさんの靴の中にシュッシュしよう)

これから使っていったら、いろんな変化が訪れるのだろうな。楽しみだ。
早く、EM菌が家に定着してほしいと思ったりするのであった。

momonさん、教えてくれてありがとう!!
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(18) | trackbacks(1)

ドケチエコでエーコ、エーコ

世の中、エコブームだ。
車のCMでも、「えーこ、えーこ」と某女優が言ってる。

私は、別にがんばってとことんエコをやろうとは思ってないんだけど、自分にできることはやってみようと思う。でも、ドケチな私は自分流のドケチ道で結果的にエコに結びついてる気もする。

ブログ仲間のmomonさんは、「がんばらない」と言いつつも、私から見たら結構頑張ってるんじゃないかと思うくらい「エコ」してると思う。

こないだ、momonさんも会員になってる「チームマイナス6%」ってのに登録して、会員ナンバーをゲットした。
そのときに、活動っていうかアクションが6個あるんだけど、

 Act1:温度調節で減らそう
 Act2:水道の使い方で減らそう
 Act3:自動車の使い方で減らそう
 Act4:商品の選び方で減らそう
 Act5:買い物とごみで減らそう
 Act6:電気の使い方で減らそう


というものだ。
けど、私はこれを見たときに全然難しくないと思った。なぜなら、私のドケチ道に「ピタっ」と当てはまることだし、今まさに「それやってるよ!」っていうことだった。
(多分、やってる主婦の方々いっぱいいると思いますよ)

★電気のこと★
うちは、冬場はホットカーペット3畳用を半分だけつけて、一冬すごす。寒いときは、毛布をかける。それでも寒いときは、小さな電気ストーブを全部つけるんじゃなくて、半分だけつける。
夏は、よっぽどじゃないとエアコンを入れない。部屋の窓という窓を開け放つ。
今の家は、幸い角部屋なので、全ての部屋に窓があるから、今年はさらに快適かもしれない。しかも、扇風機をゲットしたので(妹の引越の時にもらってきた)、極力扇風機ですごそうと思う。多分、死ぬほど暑いと思うけど・・・たまらなくなったら、スーパーなどお店に逃げるつもりだ。
それと、夜居間の蛍光灯をつけるのは8時からに決めた。テレビも消す。夏場に早く蛍光灯とテレビをつけると、ものすごく部屋が暑くなる。

★水のこと★
風呂の水は、洗濯や掃除に使うのは基本だ。
洗濯で風呂の残り湯が余ったら、トイレ掃除、床掃除などに使う。
食器の洗い物は、水を流しっぱなしで洗わない。すすぐときだけ水を流す。それもジャーーーっと流さない。

★車のこと★
夫が通勤に車を使わなくなったので、私は日中車を使えるようになったのだけれど、雨の日以外はチャリンコで動いてる。しかも、休みの日に夫と出かけることも無いので、引っ越してきて我が家のガソリン代は引っ越す前の半分になった。
しかも、うちの車の中は空っぽだ。後ろのシートにも荷物置き場にも何もない。

★買い物のこと★
買い物に行って、肉を買うとき、肉屋で買うようになった。なぜなら、パックに入っているとパックがどんどん増えてくるからだ。その日に必要な分だけ肉屋さんで肉を買うと、ビニール袋にいれてくれたり、紙みたいなのに包んでくれるからパックがかなり減った。
あと、マイバッグを折りたたんで買い物カバンにいつも入れてるから、スーパーのレジ袋も使わなくなった。

★洗剤のこと★
洗剤は極力使わないことにしている。
石鹸(台所、洗濯)、重曹、クエン酸で対応しているけれど、十分だ。
それに、今回、momonさんお勧めの「EM」をやっと手に入れた。
ネットで販売店を調べて、電話したら店頭で買えるっていうから、チャリンコ片道30分走らせて、汗びっしょりで買いに行った。
これができたら、掃除洗濯は怖いもの無しのような気がする。

というわけで、普段、私はこういう生活をしているのだけれども、なぜかって、それは・・・・
電気を使わなければ電気代が減る。水を使わなければ水道代が減る。車を使わなければアイドリングなんかすることも無いし、ガソリン代も減る。ゴミが減れば小さいゴミ袋ですむからゴミ袋代が安くなる(行政指定のヤツね)。ゴミ出しも楽。しかも、レジ袋を使わなかったらスタンプカードにスタンプ押してくれて、いっぱいになったら100円の金券になる。買い物にもお得。つまり、節約になる!ただそれだけなのだ。
あと、洗剤に関しては、身体によくないし、環境にもよくない。ただそれだけだ。
私は、ドケチだから・・・。

エコを意識してるわけではないけど、結果的にはエコになってるんならそれでいいと思う。やらなくちゃぁ〜〜って思うより、「こうした方がお得」って思ったら、楽しいじゃんね。

だから、私はこれからも「ドケチエコ街道」を突き進もうと思う。

でも、一つだけ私が実践しなければいけないことがある。
それは、夜更かしを辞めることだ。夜更かしは電気代の無駄だ。
早寝早起きができるようになれば、私のドケチエコもかなり徹底されるのにな。
でも、これが私にとって一番の難関かもしれない・・・。

これからの目標!!!
早寝早起き! 
どけちeco(MOTTAINAI) | comments(10) | trackbacks(1)
IP分散サーバーはIQサーバー